新型コロナウイルス助成金(補助金)はパート・アルバイトももらえる?申請方法や金額などもまとめ【休校有給】

 

この記事では新型コロナウイルス関連の助成金(補助金)について

  • 新型コロナウイルス関連の助成金(補助金)とは?
  • 申請方法やもらえる金額は?
  • パート・アルバイトももらえるの?

という内容について紹介しています!

 

 

新型コロナウイルス助成金(補助金)はパート・アルバイトももらえる?申請方法やもらえる金額などもまとめ

新型コロナウイルス関連の助成金(補助金)とは?パート・アルバイトももらえるの?

 

厚生労働省の発表では、新型コロナウイルスの拡大を受けて、小中高などの臨時休校措置を受けて、保護者がお子さんのお世話などを理由に仕事を休んだ場合、パート・アルバイトでも助成金は出ます。

 

今回は申請方法やフリーランス・自営業でも受け取れるのか?なども合わせて紹介していきますね!

 

小中高校などの臨時休校措置に伴い休業する保護者の所得減少に対応するための新たな助成金制度を設ける考えを安倍晋三首相が表明しました。

 

小中高校以外にも

  • 特別支援学校(高校まで)
  • 放課後児童クラブ
  • 幼稚園
  • 保育園
  • 認定こども園

も含まれるようです。

 

内容としては、休暇をよぎなくされた親は年次有給休暇とは別の有給休暇を取得できるというもので、休業する保護者の所得減少に対応するためとされており、

対象は正規、非正規雇用を問わず「しっかり手当てする」と発表しています。

 

労働基準法の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対する助成金だそうで、有給を取っても通常の有給は減らず、補助金の期間内であれば、取得する日数に制限はない模様です。

 

ただ、子供がいない方で、本人がコロナウイルスに感染した事で休業をよぎなくされても対象外のようですので、このあたりは今後議論を呼びそうですね。

 

 

申請方法やもらえる金額は?

コロナ補助金助成金申請

引用:厚生労働省

 

【厚生労働省】小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援ページによると新型コロナ補助金でもらえる金額は、日額は上限8330円。

8330円という金額は失業した時にもらえる「失業保険の日額」から算出されたようです。もらえる期間は2月27日〜3月31日まで。もしこの間全休となった場合、34日間分有給が取得できることになりますね。

 

ですので、仮に上限の日額をもらった場合は、8,330円×34日=283,220円ももらえることになります。

 

助成金の申請方法ですが、まずは勤めている会社に確認する事が大切です。

必要書類や申請手順は、会社ごとに違うはずですし、普通に有給休暇を取得した場合は対象外になりる可能性があるそなので、必ずお勤め先に問合せましょう。

 

 

助成金まとめ

  • 対象
    小中高生や保育幼稚園生等の親(が勤める企業)
  • 金額
    日額8,330円(上限)
  • 期間
    2020年2月27日〜3月31日
  • 申請方法
    各勤務先にて確認後、有給取得

 

フリーランスや自営業も対象になる?

 

【追記】

安倍晋三首相は7日、首相官邸で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部で、売り上げが急減した個人事業主を含む中小・小規模事業者に実質無利子・無担保の融資を行うと表明

 

 

当初、この制度は雇用者を前提とする仕組みで、臨時休校で子どもの世話をする点は同じでも、フリーランスの個人事業主や自営業者の保護者は対象外となっていましたが、

3月3日午前の閣議後会見で菅義偉官房長官は「フリーランスや自営業者にも措置を講じる」考えを示しました。

 

ただ、こちらのみ「経営相談窓口の設置や緊急貸し付け・保証枠として5千億円の確保の措置を講じる」と述べていますので、助成金ではなく「貸し付け」の可能性があります。

 

6日の参議院本会議で野党側は

「自営業やフリーランスの親が助成対象になっていない」

「なぜ親の職業で、一方は賃金保障される親、他方は、お金を返却しなければいけない親と収入補償で差を設けるのか」

など立憲民主党・宮沢議員が政府の姿勢を追求したというニュースがありましたので、まだ話し合い中のようです。

 

この本会議で安部総理は「さまざまな民間事業者の個別の損失を国が補償することは困難だが、しっかりと事業を継続していけるよう、第2弾となる緊急対応策でも強力な資金繰り支援をはじめ、実効的な支援策を講じていく」と述べ、

 

来週打ち出す緊急対応策などを通じ、強力な支援策を講じると強調しています。

詳しいことがわかり次第、こちらのページで追記していきます!

 

いずれにしても、助成金は、申請後、支給までに3か月〜8か月かかると予想されますので、すぐにお金が手元に届く可能性も低めです。

 

少し前に、日本は新型コロナウイルス対策費用が著しく少ないと話題になりましたが↓

 

人口が日本に比べて3分の1以下の国が2000億円以上のところ、日本は153億円。

もう少し、対策費用を増やしてくれてもいい気はしますよね。

 

【幼稚園・保育園】休園しないのか?新型コロナウイルスで休ませるべきか皆の反応もまとめ

 

 

まとめ

今回は新型コロナウイルス関連の助成金(補助金)について

  • 新型コロナウイルス関連の助成金(補助金)とは?
  • 申請方法やもらえる金額は?
  • パート・アルバイトももらえるの?

という内容について紹介しました!

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です