思い出のマーニー杏奈の目の色が青い理由や病気は何?クォーターなのかやかわいい・クズ・嫌いなど意見を調査まとめ

 

この記事では

  • 思い出のマーニー杏奈の目の色が青い理由は?
  • 杏奈の病気は何?
  • 杏奈はクォーター?
  • かわいい・クズなど意見を調査!

という内容について紹介しています!

 

思い出のマーニー杏奈の目の色が青い理由や病気は何?クォーターなのかやかわいい・クズなど意見を調査まとめ

思い出のマーニー杏奈の目の色が青い理由は?

 

思い出のマーニーの杏奈の目が青い理由は出生に秘密があります。

杏奈のおばあちゃん(マーニー)はイギリス人とのハーフですが、マーニーの子供である杏奈の母がクォーター、杏奈は8分の1ということになります。

 

イギリス人の血が入っているので、目が青いのですね!

ただ、杏奈は、自分の青い目にたいして強いコンプレックスを抱いています。

 

普通に育った日本人からすれば「目が青いなんてかっこいい!」と思ってしまいそうですが、本人は自分の出生や目の色が他の人と違う事をすごく気にしています。

 

 

杏奈はクォーター?何人とのクォーターなの?

 

杏奈の目が青いことでクオーターやハーフなの?と思っている方も多いと思うのですが、結論から言えばイギリス人の血が8分の1入ったワンエイス(one eighth)です。

 

詳しく説明すれば、杏奈のお祖母ちゃんのマーニーがイギリス人の父親と日本人の母親のハーフ。お母さんの絵美里がマーニーと和彦の娘なのでクオーター。

その絵美里と日本人男性との娘が杏奈なので、実父が日本人だとするとイギリス人の血が8分の1のワンエイス(one eighth)となります。

 

エイスかセミクオーター(semi-quarter)と呼ばれるらしいです。

 

ただ、日本で生まれ育っているので国籍や杏奈自身の内面は日本人と言えますね。

 

 

杏奈は病気?病名は?

 

杏奈の病気についてですが「喘息」を患っていることは作中で言われています。

 

ただ、多くの人が疑問に思っているのは杏奈が何か精神的な病を患っていて、実在しないはずの「マーニーという少女」を作り出しているのでは?ということではないでしょうか?

 

ここから先はネタバレにもなってしまうのですが、

 

途中まで杏奈自身も「マーニーは自分が作り出した実在しない女の子」と思っています。

 

しかし、映画のラストで、マーニーは架空の人物ではなく実は杏奈のおばあちゃんで、マーニーおばあちゃんの思い出話を杏奈は小さいころに聞いていことがわかりました。

 

つまり、杏奈の妄想や想像ではなく、子供のころにマーニーおばあちゃんから聞いた話を、杏奈は無意識のうちに再現していたという事ではないかと思います。

 

その証拠といってはなんですが、サイロのシーンでマーニーが「だってあなたはあの時いなかったんだもの」というセリフを口にしています。

 

杏奈は、自分の目が青いことや実の両親が他界してしまっていることから「自分は普通じゃない」と強いコンプレックスを持っており、

そのコンプレックスから里親の頼子や、周りの友達とも距離をとっています。

 

具体的に、杏奈が喘息以外の病気なのかどうか?はわかりませんが、療養先でマーニーの暮らしたお屋敷を目にしたことをきっかけに杏奈自身が心を開ける友人を「マーニー」という形で再現したのではないでしょうか。

 

お葬式のシーンで杏奈が持ってる人形がマーニーそっくりなのも、杏奈が子供の頃のマーニーを再現した証拠では?と思います。

 

また「杏奈は病気なのでは?」と見た人に思わせてしまう原因はこの映画の演出にもあると思います↓

 

思い出のマーニーの米林監督は「杏奈とマーニーの目は表現として大切にした部分」と語っており、

 

実は思い出のマーニーの原作では、モノローグでアンナの気持ちがたっぷり書かれているのですが「映画ではそれをやらないことにした。少ない言葉と表情だけでやる。」ことにしたそうです。

 

特に「杏奈はあまりしゃべらないので目で語ってもらう」という表現になっているそうです。

 

今までのジブリ映画の主人公は、表情豊かで自分の気持ちははっきり口にするタイプの主人公が多かったので、杏奈を見て病的に感じてしまう人が多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

杏奈はかわいい・クズ・嫌いなど意見を調査!

杏奈は可愛い!という意見

 

思い出のマーニーの杏奈、かわいいですよね。

 

人によっては、マーニーより杏奈の方がかわいい!と感じる方もいるみたいですし、もし実在する女の子だったとしたら、目が青い事からもやや日本人離れした顔立ちでかなり美人なのでは?と思います。

 

ただ、一方で「思い出のマーニーの杏奈が嫌い!」「杏奈はクズ」と感じる方もいるようです↓

杏奈はクズ!嫌い!という意見

 

杏奈がクズ!嫌い!と思っている方には、ジブリ映画の主人公らしからぬ言動が多いからという意見が多いです。

具体的には杏奈のセリフに「わたしはわたしが嫌い」という自己否定的な部分があったり、里親のおばさんを「メェメェうるさい」とか、花火に連れて行ってくれたノブ子にたいして「太っちょブタ」と罵ったりしています。

 

確かに、トトロやナウシカ、魔女の宅急便など今までのジブリ作品にでてくる主人公は明るく素直なキャラクターが多く、比べてしまうと「杏奈ってクズじゃない?」「嫌い!」という意見も納得できます。

 

ただ、こういった杏奈の性格もジブリオタク的な視点で分析すると、

思い出のマーニーの杏奈は、米林監督曰く「何通りもの無表情」を作画監督と相談して作ったり、いままでのジブリ作品にはなかった表現方法を「あえて取り入れている」というポイントがあります。

 

そして杏奈には

  • 実の両親とは死別
  • 引き取ってくれた優しいおばあちゃんも他界
  • 外国の地が入っていて、目が青い事など周りとの違いにコンプレックスを感じている
  • 信頼していた里親も自分を育てる事でお金をもらっていた
  • 喘息持ち

などの生い立ちがあります。

 

これ、もし現実だったら小学生の女の子にはかなり辛い状況だと思います…。

こういった設定も作品を見る上で考えてみると、思い出のマーニーをもう少し深く作品を理解することができ、思い出のマーニーついて語る上でも深めの考察ができるようになると思います。

 

個人的には、こんな背景を抱えてる小学生に対して、それでも「明るくハキハキ振舞え!」という方が酷では?と思いますし、そういった人の置かれている立場や心情も思いやって欲しいというメッセージも映画には込められているのかも?と思いました。

 

それに映画の最後では、マーニーのおかげでしっかり明るい杏奈へと回復していますし、杏奈は十分いい子ではないでしょうか。

 

最後に映画の演出の話をすると、空もいままでのジブリらしからぬ「杏奈の心を反映した空」になっているそうです。

 

  • 青い空と白い雲は描かない
  • 雲が多くはっきりしない空にする

など、主人公杏奈の心を空で表現するという方法がとられており、ずっとぼんやりした空のままです。

 

それが、

  • 北海道の自然風景やその美しさ
  • 美味しそうに見える食べ物

などなど、全てが杏奈の心が元気になっていくのを助けて、映画の最後には光が差した明るい空になっています。

 

なので「あえて暗めに描かれた空」などにも着目して、杏奈の心の微妙な変化や気持ちを想像しながら観てみるというのも良いのではないでしょうか。

 

 

まとめ

今回は思い出のマーニー杏奈について

  • 思い出のマーニー杏奈の目の色が青い理由は?
  • 杏奈の病気は何?
  • 杏奈はクォーター?
  • かわいい・クズなど意見を調査!

という内容を紹介しました!

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です